働くしあわせ JINEN-DO

セルフケアで安定就労を実現する就労移行支援事業所
■□■ 見学お申込随時受付中!■□■
実際に事業所内をご覧いただきながら、みなさまの疑問や不安にお答えします。
まずは、お気軽にお問合せください。 TEL:044-819-8491

こんにちは。利用者Kです。
利用者目線で自然堂の魅力を伝える企画第三弾です。
第一弾第二段
今回は「調理」のプログラム、ユニークなプログラムのうちの一つではないでしょうか。
やってる事業所もなかなか少ないと思います。

XE1X6623.jpg

XE1X6578.jpg

XE1X6579 - コピー

XE1X6574.jpg

XE1X6577.jpg

XE1X6580.jpg

XE1X6616.jpg

XE1X6619.jpg

XE1X6620.jpg

XE1X6622 - コピー

XE1X6621 - コピー

XE1X6625.jpg

XE1X6624 - コピー

毎週金曜日はこうやって力を合わせ昼食を作っています。
三五八(漬物)、具だくさん味噌汁にはファームでとれた野菜を使うことも。
ご飯は五分づき米に豆類をブレンド。とてもヘルシーな献立となっております。

僕も編集しながらお腹が減ってきました。
今回はこの辺で。
スポンサーサイト
こんにちは。利用者Kです。

前回の記事に引き続き、自然堂の魅力を写真でお伝えしていきます。

今回のテーマはこのブログでもお馴染みのプログラム「農に学ぶ」です。
6月ももうすぐ終わり、30℃近くまで気温が上がったこの日。
燃えさかる太陽の下、麦わら帽子をかぶって作業に取り組みました。


XE1X6682.jpg
自然堂のすぐ近くに借りているファームに向かいます。

XE1X6681.jpg

XE1X6760.jpg

XE1X6763.jpg

XE1X6762.jpg

XE1X6732s.jpg

XE1X6729.jpg

XE1X6730.jpg

XE1X6759.jpg

XE1X6733.jpg

XE1X6726.jpg



夏はもうすぐそこ。
暑さは厳しさを増しますが、待ちに待った収穫を迎える野菜も多いです。
ずっとかけてきた手間暇が、やっと報われる時。
ファーム産梅ジュースでの祝杯も楽しみです。





こんにちは。利用者Kです。
今日から数回、利用者目線で見た自然堂の魅力を綴っていきます。

今回のテーマは「自然堂の初夏グリーン」です。
この時期が来るととても心が充実します。時には元気づけられ、ときには安らぎをもたらしてくれる緑。

ここには、いくつもの緑が見られます。
明るい緑、暗い緑、濃い緑、薄い緑、さまざまです。

そんな緑が見せてくれる多彩な表情を、ぜひ写真で感じてみてください。



DSC08607s.jpg


DSC08384s.jpg

DSC08663s.jpg
ファームのトマト。

DSC08645s.jpg
こちらもトマト。

DSC08690s.jpg

DSC07019s.jpg

DSC09765 (1)
自慢のグリーンカーテン。

DSC09770.jpg

DSC08792s.jpg

DSC07025s.jpg
ファームの梅、収穫時期です。

DSC08761s.jpg
庭のブドウ、そろそろ袋掛け。




さて、なぜ今回この記事を書いたかと言うと、個別プログラムの一環です。

得手不得手の激しい僕には、参加するのが難しいプログラムがあります。

その時間を使って、得意な写真で自然堂の魅力を皆さんにお伝えすることになったのです。

以前はカメラマンの仕事をしたこともありましたが、挫折。
しかし、こういった機会を得て自分の好きなことや技術を再び生かすことができています。
これは、とても幸せなことです。

もしかしたら、就職後も何かしらの機会に写真の技術が生かすことが出来るかもしれません。

そんなことも夢見ながら、引き続きみなさんに自然堂の魅力を伝えていきます。

今後ともよろしくお願いいたします。






ご支援いただいている皆さまに向けて発行しているニュースレター。第12号が発行されました。

グループ活動「広報」の課題として、企画・構成・記事作成をご利用者さまが担っています。

毎回、参加する人が入れ替わる中、どうしたら読者の方に分かりやすく、読みやすい紙面になるかと考えて作成しています。

今回の特集記事では 「JINEN-DO…ココに決めた!! ~利用者の生の声~」のタイトルで、JINEN-DOに利用を決めた理由を現利用者にアンケートを取って掲載してみました。どんな魅力を感じて利用を決めたか、みんなの声が伝われば幸いです。

お時間のある時に、じっくりと味わってご覧くださいませ☆

◎JINEN-DO便り 第12号 (2018. 6発行)
<目次>
・特集 JINEN-DO…ココに決めた!! ~利用者の生の声~
・プログラム紹介 ~ 「ヨガ・ピラティス」 ~
・「代表のひとり言」
・12の価値観 ~感謝・利他・共創 ~
・イイトコノートエピソード
・JINEN-DO 妖怪図鑑 其の十一 「ネムレン」
・編集後記

◎JINEN-DO便り 第11号 (2018. 1発行)
<目次>
・特集 グループ活動 「広・農・調」
・プログラム紹介 ~ 「仕事始め」 ~
・「代表のひとり言」
・12の価値観 ~ 凡事一流・敬意・信頼 ~
・事業所内の様子
・JINEN-DO 妖怪図鑑 其の十 「グダグーダ」
・編集後記

◎JINEN-DO便り 第10号 (2017. 9発行)
<目次>
・特集 それ、「回復」です!! ~ 怠けだと思っていませんか? ~
・イイトコノートエピソード
・「代表のひとり言」
・12の価値観 ~ 良心・今ここ・変化 ~
・事業所内の様子
・JINEN-DO 天使図鑑 そのいち 「イマココラ」
・編集後記

◎JINEN-DO便り 第9号 (2017. 6発行)
<目次>
・特集 「あの時の私、今の私」
・プログラム紹介 ~ 「D.I.Y.」 ~
・12の価値観 ~ 夢・勇気・素直 ~
・事業所内の様子
・JINEN-DO 妖怪図鑑 其の九 「ウゴケネーゼ」
・「代表のひとり言」
・編集後記

◎JINEN-DO便り 第8号 (2017. 1発行)
<目次>
・特集 ジネンジャーの過ごし方 ~ 利用者の1日 ~
・プログラム紹介 ~ 「調理」 ~
・イイトコノートエピソード
・12の価値観 ~ 感謝・利他・共創 ~
・JINEN-DO 妖怪図鑑 其の八 「やらネバー」
・「代表のひとり言」
・編集後記

◎JINEN-DO便り 第7号 (2016. 9発行)
<目次>
・特集 聞いてください私の状態 ~ 状態報告 ~
・イイトコノートエピソード
・12の価値観 ~ 凡事一流・敬意・信頼 ~
・事業所内の様子
・JINEN-DO 妖怪図鑑 其の七 「もじもじ」
・「代表のひとり言」
・編集後記

◎JINEN-DO便り 第6号 (2016. 5発行)
<目次>
・特集 心に寄り添い みんなで成長 ~ 再新再生 ~
・プログラム紹介 ~ 「再新再生」 ~
・12の価値観 ~良心・今ここ・変化~
・事業所内の様子
・JINEN-DO 妖怪図鑑 其の六 「ネムネム」
・「代表のひとり言」

◎JINEN-DO便り 第5号 (2015.12発行)
<目次>
・特集! 50分に10分休むんです! ~ イイ仕事はイイ休憩から 新しい休憩のカタチ ~
・プログラム紹介 ~ 「自分トリセツ」 ~
・12の価値観 ~夢・勇気・素直~
・イイトコノート エピソード
・JINEN-DO 妖怪図鑑 其の五 「ドウセダメ~ン」
・「代表のひとり言」

◎JINEN-DO便り 第4号 (2015.09発行)
<目次>
・プログラム紹介 ~ 「農に学ぶ」 ~
・「代表のひとり言」
・特集!食べたものが私たちを作る
・12の価値観 ~感謝・利他・共創~
・イイトコノート エピソード
・JINEN-DO 妖怪図鑑 其の四 「かしょくん」

◎JINEN-DO便り 第3号 (2015.06発行)
<目次>
・プログラム紹介 ~ ストレスマネジメント ~
・公開講座のご案内
・特集!意識していますか?オフタイムの過ごし方
・12の価値観 ~凡事一流・敬意・信頼~
・イイトコノート エピソード
・JINEN-DO 妖怪図鑑 其の参 「なまけごころ」

◎JINEN-DO便り 第2号 (2015.02発行)
<目次>
・プログラム紹介 ~イニシャルプログラムその2~ 気力・習慣形成力
・公開講座のご案内
・特集!ここが違うよJINEN-DO ~私が利用を決めた理由~
・12の価値観 ~良心・今ここ・変化~
・イイトコノート エピソード
・JINEN-DO 妖怪図鑑 其の弐 「ふぁんふぁん」

◎JINEN-DO便り 創刊号! (2014.11発行)
<目次>
・プログラム紹介 ~イニシャルプログラムその1~ 体力・コミュニケーション力・配慮要求力
・特集!それぞれのJINEN-DO
・12の価値観 ~夢・勇気・素直~
・イイトコノート エピソード
・JINEN-DO 妖怪図鑑 其の壱 「アルカネーゼ」
仕事柄、人間関係について相談を受けたり、関係の改善に向けたお手伝いをすることが多い。

幸せな人生を送るためには、自分の手に及ぶ範囲の人間関係をできる限りていねいに理想に近づけていくことが大切だと考えているので、自分自身、身のまわりの人間関係に結構気を配っているつもりだ。

“良い人間関係”って、どんな関係だろう?

とかく“仲が良い関係、近しい関係”と“良い人間関係”がごっちゃになりがちだけど、そうではないと思う。

とことん話し合って、理解し合った先に、お互いにとって程よい距離感、ストレスのない関係性が存在するんじゃないだろうか?

例えば、好き同士、尊敬し合って結婚したけれど、一緒に暮らしてみたらお互いの価値観や生活習慣がぶつかり合う。散々、話し合って、それぞれが大切にしているものを尊重しようと心がけるもののの、やっぱりストレスを感じてしまう。結果、別居生活を送り、週末だけレストランで一緒に食事を取りながら、それぞれの一週間を報告し合い、お互いがお互いをねぎらい合う。そんな夫婦関係だってあるはずだ。
※ちなみに、我が家の話ではありませんので(笑)

そんな風に考えているので、人間関係について相談を受けた際、まずは、わかり合えるように関わり方を変える助言やお手伝いをするが、どんなに努力しても今の距離感、今の関係性を維持することが苦しいのであれば距離や関係性を見直すことを勧めることにしている。

関わり方を変えるのは本人の努力の問題だが、それを続けてもなおストレスを受け続ける関係は、不健全であり、それは“自分らしさ”を押し殺すこと、“自分らしい生き方”を否定することに等しいからだ。

距離が遠くなったり、関係を見直すことは悪いことではない。お互いが自分らしく人生を送るための見直しは、むしろ成熟した関係性と言えるのではないだろうか?

 | Copyright © 働くしあわせ JINEN-DO All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ