2012年07月

セルフケアで安定就労を実現する就労移行支援事業所
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グループ活動「環境整備」は、ご利用者さまがグループで事業所内の環境整備を行うプログラムで、創造性(創意工夫)やチームワークを発揮してお客様の期待を越える仕事をすることを狙いとしています。

具体的には、施主(お客様・今回はスタッフの石田)から補修工事を依頼された工務店のスタッフという設定で、施主のニーズを捉えながら、「企画提案(見積もり)」→「資材調達」→「施工」といった一連の業務をグループで考え、実行していただいています。

現在は「庭の入り口の扉を補修したい」という施主の依頼に、2人のご利用者さまがチャレンジしています。
※「働くしあわせ」は、民家を事業所に転用しているため、
 民家の補修工事をプログラムに盛り込んでいます。

▼補修予定の庭の入り口の扉
071800.jpg


7月18日は、親しくお付き合いをさせていただいている鈴木工務店さんに
補修に必要な資材(端材)の調達に伺うとともに、プロの職場を見学させていただきました。

鈴木工務店さんがあるのは、隣の駅。
当日はとても暑い日でしたが、3人でいざ出発!!

▼資材(端材)を下さった鈴木工務店さん(外観)
071801.jpg

▼鈴木工務店さんにお断りをした上で、仕事の様子の写真を撮る2人
 今後のグループ活動・広報でいかされることがあるかも??
0718.jpg

お忙しい中、社内の見学をさせていただいた鈴木工務店さん、ありがとうございました。

スポンサーサイト
2011年3月11日、東日本をおそった地震、津波により、
多くの尊い命が失われ、人々の日常が奪われてしまいました。

地震大国に住む私たちは、いつ、どこで同じような震災に
見舞われてもおかしくありません。

被災地の保育所、福祉施設等で、ご利用者様の命を守る上で
避難訓練が役に立ったという教訓を活かし、
「働くしあわせ」では、毎月1回、避難訓練の日を設けることにしました。

今月は12日(木)に、第1回目の避難訓練を行いました。

まずは、ご利用者さまと一緒にチェックシートを用いて防災点検。
パソコンの電源コードが足に引っかかる等の危険箇所を発見したり、
非常用避難袋の中身について確認・検討をしました。

▼非常用避難袋の中を確認。使える状態に整えました。
bousai00.jpg

その後の避難訓練は、昼時に大規模な地震が発生、
昼時だったため、事務所(兼キッチン)から火災も発生
という設定で行いました。

▼参考にさせていただいたハンドブックと、想定シナリオ
bousai01.jpg

慌ててしまうと各椅子の下に設置してある防災頭巾をスムーズにかぶることが出来ない等の不具合が発生しました。
防災グッズをただ揃えていても、使い方に慣れていないといざという時に役に立たないと痛感。
スタッフ一同、避難訓練の必要性を実感するとともに、身が引き締まる思いがしました。


bousai02.jpg
▲防災頭巾をかぶる代表の石田

 | Copyright © 働くしあわせ JINEN-DO All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。