2014年12月

セルフケアで安定就労を実現する就労移行支援事業所
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

代表理事の石田です。

2014年、仕事納めしました!

今年1年ありがとうございました。

ご利用者様、スタッフ、関係機関のみなさま、一人ひとりにお礼を申し上げたい気持ちでいます。

今年を振り返ると、自分の内面がじんわりと深まっていった一年だった気がします。

「内面を深めよう!!」と決めて一年をスタートしたわけではなく、目の前の出来事やご利用者様とていねいに向き合おうと自分に矢印を向けていった結果、深まっていった、、、そんな感覚です。

内面が深まった結果、とても穏やかで優しい気持ちでいられる日が多くなってきた気がしています。

もちろん、思いもよらない悲しい出来事が起こったり、意見のぶつかり合いがあったり、感情が揺さぶられる場面はいくつもありました。

でも、その都度、自分の生き方に照らし合わせた選択をすること、また、ていねいに向き合うことで必ず“いいふうに流れて”いくものだと思えています。

ちなみに“いいふうに流れていく”とは決して“思い通りに物事が進んでいく”というわけではありません。むしろ、思い通りではないことのほうが多いかもしれません。思い通りではなかったとしても“これでよし”という結末や心境に至るという意味です。

さて、来年はどんな一年になるのでしょうか?

以前は、年末がくる度に新年の目標を箇条書きにして手帳に記入していたものですが、今年は不思議とそんな気持ちが湧き起こってきません。

ほんとのことを言うと、ぼくは、“農と食”、“人を笑顔にすること”、“関わる人の人生を応援すること”が好きなので「自然食レストラン&コミュニティカフェをつくりたい」という夢があるのですが、起業した時のように「今すぐやろう」という気持ちになれない自分がいます。

だから、今年は、会社の経営においても、人生においても、特に具体的な目標を掲げることなく、自分が必要とされる方向へ、また、その時の直感に従って動いていこうと考えています。

あえて目標を掲げるならば「“日々、穏やかで優しい気持ちでいられる自分””目の前の人や出来事にていねいに向き合える自分”であること」です。

そのためにも、年末年始も普段と変わらず過ごし、心と身体のメンテナンスを怠らないようにしていきます。

最後にもう一度、今年1年、本当にどうもありがとうございました。

みーんな、大好きです!!

どうぞよい年をお迎えください。


スポンサーサイト
おはようございます。
スタッフのNASA(ニックネーム)です。

ずいぶんと寒くなりました。
朝、起きるのが辛い季節ですね・・・。
皆さんはいかがお過ごしですか?

さて、前回に続き、今回も “農に学ぶ” のひとコマをレポートしますね。

今回は、ずばり “ゆず茶” です。

今年も、庭のゆずの木にたくさんの実がつきました。

yuzu201412.jpg

午前中、みぞれ混じりの雨の中、ご近所に高枝切りバサミをお借りし、ゆずを収穫。

午後のプログラムで、みんなで力を合わせてゆず茶を作りました!

ゆずの実を洗い、皮をむき、皮を細く千切りし、種を取り除きます。
最後に実と皮を混ぜたものと、氷砂糖を交互にビンに入れ、漬け込み終了です。

yuzu20141202.jpg

作業の間、部屋に漂う・・・
なんという癒しの香り☆

2週間ぐらいで、おいしいゆず茶が飲めると思います。
今から、みんなでとワイワイ飲むのが楽しみです☆


おはようございます。
代表理事の石田です。

先日、「マインドフルネス」をテーマとしたワークショップに参加してきました。

「マインドフルネス」は心の病の治療法として注目を集めています。

ご利用者様支援のヒントになるのではと思い足を運んだのですが、
思いのほか、今のぼく自身にタイムリーかつ有益な内容でした。


「マインドフルネス」とは、
“今ここ”に集中し、「今起きていること(外界)」と「今感じていること(内面)」を
あるがままに受け入れられている状態のことです。

ワークショップでは、誰とも話をすることなく、ただ自然の中の散歩を楽しむという体験や
1粒のぶどうを時間をかけて食べる体験を通してマインドフルネスの感覚を味わうことができました。

言葉で説明するのは難しいのですが、
マインドフルな状態で向き合えるとその行為の質が高まる、
奥行きが深まる感覚を持つことができます。

このワークショップを体験して以来、自分がマインドフルな状態にあるか、
マインドレスの状態にあるか意識するようになりました。

実際、マインドフルな状態でご利用者様と関わると面談の質が高まり、
反対に、マインドレスな状態でご利用者様と関わると今ひとつの結果を招く気がしています。


マインドフルな状態でいるためには、日々、心と身体をていねいにケアしたり、
何かと向き合う際、今ここに心をおけているかどうか客観視できる
(今ここに心をおけていない自分に気がついたら
 何らかの対処を行なって心を正す)ようになること、
つまりはJINEN-DOでお伝えしている「セルフケア」そのものだと理解しています。

というわけで、ここ最近、自分自身をマインドフルな状態にキープするため、
日々意識するようになりました。

掃除や整理整頓だったり、早朝ランニングだったり、寝る前のストレッチだったり、
食べ物や食べ方に気を付けたり、やっていることはこれまでと変わりませんし、
JINEN-DOのご利用者様にお伝えしていることばかりです。


それでも、ワークショップでマインドフルネスの感覚を味わって以来、
明らかに自分の中で変化が生じています。

自分自身の心と身体のケアをより丁寧により心を込めてすること、
その積み重ねがご利用者様の支援の質を高めると実感できたからだと思います。

ここ最近、ご利用者様がこれまで以上に
ご自身のことをオープンに話してくださるようになった気がしています。

その度に、こんなにも苦しい経験やつらい気持ちを抱えながら今目の前にいるんだな。
その苦しみやつらさを解き放つことができたら、
本来持っている素晴らしさが一層輝くんだろうな。
なんとか抜け出せるようにできる限りのお手伝いをさせていただきたいなと思います。

そのできる限りのお手伝いというのが、マインドフルな状態で関わること、
すなわち、ご利用者様のBeingをあるがままに受けとめ、気持ちに寄り添い、
自分で答えが見つけ出せると信じて話を聴くこと、問いかけていくことだと考えています。

また、支援者としてだけではなく、経営者としても父親・夫としても
マインドフルな状態で関われるように自分を磨いていきたいと思います。


 
病気の症状に応じた無理のない働き方を身につけませんか?

「就活と安定就労に役立つセルフケア講座」

精神疾患のある方の雇用が広がる一方で、早期離職の問題がクローズアップされています。

こうした背景から、ご本人のキャリアや職業能力以上に、セルフケア能力(病気の症状に
ふりまわされないように自己管理し、自分から必要な配慮を求められるかどうか)を採用
基準に置く企業が増えつつあります。

就労移行支援事業所「働くしあわせJINEN-DO」は「精神疾患があっても本人がセルフケア
能力を高め、企業が必要な配慮を提供すれば安定就労は実現できる」という考えのもと、
ご利用者様に病気の症状に応じた無理のない働き方を身につけるためのトレーニングを提
供し、必要な配慮を提供できる職場への就職を支援しています。

これまで16名(25年度6名、26年度10名26年11月1日現在)のご利用者様が就職を決め、
全員が就労を継続しており、とりわけ就職先から彼らが習得したセルフケア法について
高い評価をいただいております。

この講座では、どのように職場で必要な配慮を求めていけばよいか?具体的な事例を交え
てお伝えするとともに、グループワーク(ツールの作成とロールプレイング)を交えなが
ら私たちがご利用者様と積み上げてきたセルフケア法をご紹介させていただきます。

就職活動に対する不安や安定就労に課題を抱える当事者の方及び支援機関の皆さまの
ご参加をお待ちしております。


<開催概要>

(日時) 2015年1月17日(土)13:30~16:30 (13:00開場)

(会場) 働くしあわせ JINEN-DO(川崎市麻生区上麻生5丁目10-11)

(定員) 先着8名様

(対象) 精神疾患のある方、支援者の方

(料金) 無料

(内容) 
1.採用される人とされない人の違いとは? ~障害者雇用の実態と採用判断基準~
     
2.せっかく就職したのに長続きしないのはなぜか? ~離職原因とその対策~   

3.JINEN-DOの利用者が取り組んでいるセルフケア法 ~自分トリセツ簡易版の作成と実演~

(申込) 電話(044-819-8491)もしくはメール(info@hatarakushiawase.net)にて
①ご氏名、②ご連絡先TEL、③当事者or支援者をお知らせください。

おはようございます。

スタッフのふるかわです。

すっかり寒くなりましたね。
大雪の地方もあるようですが、みなさまのところはいかがでしょうか?

JINEN-DOのある川崎(麻生区)では、霜が降りるようになってきました。
気温が4℃以下、風が弱いこと、夜の天気が晴れであること、湿度が高いこと、
などの条件が重なると霜が降りるそうです。

昨日の午後、ご近所に借りている自然堂ファームに行ってみてびっくり!

この間まで、青々と茂っていたナスが全て枯れて茶色に・・・

1209.jpg

夏野菜のナスがこの季節まで収穫が出来ていたこともすごいのですが、
一日で全部枯れてしまった!ということにも、
驚き、改めて自然の力を感じました。

JINEN-DOをご利用いただいているみなさんから、
特色あるプログラム、として名前のあがることの多い「農に学ぶ」
プロがいる訳ではなく、自分たちで試行錯誤し
過去には失敗も重ねながら、工夫を重ねてきました。

植えたはいいが、手入れが行き届かず枯らしてしまったり
“放置”になっていたこともありました。

その経験から、
「作物に愛情を持つ!」
というスローガンが生まれ、
あれもこれも、と欲張るのではなく
少し土地を余らせても、自分たちの手の届く範囲でやる
という方針が決まりました。

そこから約1年。

旬はとうに過ぎているけれど、
作物が枯れずに頑張っている間は・・・
と刈り取らず、最後まで経過を見守り続けることができました。

今のメンバーの中にはその経緯をもう知らない方もいます。


それでも、過去の先輩たちの経験の上に今があり、
スローガン通り、一つの作物を見守り続けることが出来た
ということをうれしく思う「農に学ぶ」の一コマでした。


0714.jpg
▲7月はこんな状態。ポットに蒔いて、ある程度育ってから畑に移植しました。


0828m.jpg
▲夏は、10センチ以上の大きなナスが大量に収穫できました☆
 収穫したナスは、「調理」で使用し、皆でおいしくいただきました。

    
こんにちはスタッフのNASA(ニックネーム)です。

今日は、終礼での様子を書きますね。
終礼では、その日のキーワード(JINEN-DOの定める「12の価値観」から順番に定めたもの)
あるいは今日の感謝などを発言する時間があります。

もちろん頭に浮かばないときは 「パス」 できますし、
体調が優れないときには、その場に参加しなくても大丈夫です!

緊張する場面でもあり、何を話してよいのか分からない。
と、苦手なご利用者さんも多いです。

僕自身も 「何か良いことを言わなければ・・・」 とか、
「うまくみんなに伝わっているかな?」 と今でも緊張します。
時にはパス!をして、他のご利用者さんの話を良く聞くこともあったりします。

でも、これは自分の気持ちを伝えるトレーニング(練習)のひとつとも言えます。

自分の気持ちを言葉に表現する練習の場でもあり、相手の気持ちを受け止めること・・・
コミュニケーション力を育むことにもつながります。

最初は、緊張して声も震えて上手く話せなかったご利用者さんが
「自分の気持ちを分かってもらいたい。」
と発言できるようになっていく姿は、
本人の努力や成長がとてもリアルに感じられ本当に頼もしく感じる時間です。

また、
「バスの運転手さんに対し、降りる際に、“ありがとう”と言えた!」
「ちょっとしたことでも、相手にしてもらって嬉しかった感謝」 など・・・

利用者さんの発言にはいつも感心させられ嬉しくなります。
本当に メンバー皆さんの可能性は“未知数”だと思っているこの頃です。

 | Copyright © 働くしあわせ JINEN-DO All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。