JC-NET会議にてJINEN-DOの取り組みを発表させていただきました

セルフケアで安定就労を実現する就労移行支援事業所
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。代表理事の石田です。

先日(3/8)、ジョブコーチやその関係者が全国から集う
JC-NET会議のワークショップにて、
JINEN-DOの取り組みを発表させていただきました。
私たちよりもずっとご経験を積んでいらっしゃる方々を
前にしての発表だったので至極緊張しましたが「5つのチカラ」を
丁寧に育んでいく私たちの取り組みはそれなりに
ご評価いただけた模様でホッとひと安心しました。

今回、この発表の機会をつくってくださったのは、
私が大尊敬している東松山就労支援センター(ZAC)の若尾勝己さんです。
ZACは、埼玉県東松山市は人口9万人という小さな市に事業所を構えながら、
毎年2ケタの就職者、利用率90%を継続している
全国の就労移行支援事業所のモデルとなるような就労移行支援事業所です。

前職時代、就労移行支援事業に大きな可能性を感じ、
コンサルタントとして移行支援事業所の底上げのお手伝いをしたい
と考えていた時にZACの存在を知りました。
若尾さんは、お忙しい中、嫌な顔ひとつせず、何度もお時間を割いてくださり、
何にも知らない私に惜しみなく就労支援のノウハウをご教授くださった私の大恩人なのです。

その若尾さんの発表を聴いてつくづく感じたのが、
JINEN-DOの取り組みはまだまだファーストステージなんだなぁということでした。

ぼくらの視点は「JINEN-DOをどのようによりよくしていこうか」という、
あくまでも事業所単位のもの。
それに対して、若尾さんの視点は地域全体ひいては埼玉県だったり、
現行の制度、枠組みに対する問題意識だったりするんですね。
そして、問題意識を持って終わるのではなく、そこからニーズを汲み取って、
制度の枠組みを超えた事業を立ち上げて課題解決に取り組んでいらっしゃる。
ニーズを汲み取るマーケティング力と解決につながる事業をカタチにしていく行動力、
そして、その根底にある信念、、、すべてが超一流なんです。

正直
「全然追いつかないや」
と思ったりもしたんですが、その一方で、JINEN-DOの仲間たちとの歩みが
ファーストステージの繰り返しになるのではなくて、
セカンドステージ、サードステージへと続いていくのだと確信できたこと、
自分がまだまだ成長できるんだと思うとワクワクしてきました。

最近、ご利用者さまの成長が目覚ましいので、
私たちも地域の関係機関のみなさんや企業と接する機会が増えています。

どうやら、自ずから視点が内から外へと向けられ、
セカンドステージへと進んでいきそうです。

間もなく新年度を迎えますが、新しい年度もJINEN-DOらしく
丁寧にセカンドステージに向き合っていきたいと思います。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hatarakushiawase.blog.fc2.com/tb.php/103-a1d58f03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 働くしあわせ JINEN-DO All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。