7月1日に思う

セルフケアで安定就労を実現する就労移行支援事業所
おはようございます。

代表理事の石田です。

お陰様で働くしあわせJINEN-DOは7月1日を持ちまして設立2周年を迎えることができました。

言葉に言い尽くせないくらい充実した2年間でした。

「人は変えるのではなく、変わるもの。
 人は育てるのではなく、育つもの。」

と頭ではわかっていても、ついつい自我を出してしまいがちでしたが、
最近は、基本的に見守り、ヘルプを依頼されたら本人が望んでいることを引き出したり、
整理するお手伝いをさせていただく、そんなスタンスになりつつあります。

働くしあわせJINEN-DOが、ご利用者さま同士、ご利用者さまとスタッフそれぞれが、
共に学び、共に成長する共育の場に育ってきたからこそ、そのスタンスで関われるのかもしれません。

そんなスタンスでご利用者さまと関わっていきたい、
そんな共育の場をつくりたい、とずっと目指していたことです。

それが、だんだんとカタチになりつつあるので本当に嬉しいですし、
これからも変化成長を続けるであろうことを思うとワクワクします。

働くしあわせ JINEN-DOを一緒に育ててくださったスタッフ、ご利用者さま、地域住民のみなさま、これまで関わってくださった関係機関・外部講師・協力企業のみなさまにあらためて感謝申し上げます。


さて、同日、「集団的自衛権行使容認を閣議決定する」というニュースが飛び込んできました。

容認の是非もそうですが、憲法の解釈を変更するという政府の暴走に胸がざわついています。

ぼくにはこの暴走機関車のような政治を止める力はありませんが、
「政治のことはよくわからん」
「彼らを選挙で選んだのだから仕方がない。
 次回の選挙ではよく考えて投票しよう」という話でもないと思っています。

 「政治のことは政治家に任せる」
という依存的スタンスが思考停止を招くわけで、
国民一人ひとりがそれぞれの現場で肌で感じたことをベースに
「どんな世の中、どんな地域をつくりたいか」
を日々よく考えることが大事。

その上で、
同じ思いや価値観を持った政治家に自分の思いを託すのが選挙のあり方であり、
託すだけではなく自分は家庭を含めた目の前の現場で同じ思いや価値観を大切にしてその実現を目指すのが自立した国民の生き方だと思うんです。

職場(JINEN-DO)に関わる一人ひとりが今の職場(JINEN-DO)を創り上げているように、国民一人ひとりが今の国を創り上げているという自覚を持って、“今ここ” に生きていきたいものです。



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hatarakushiawase.blog.fc2.com/tb.php/124-a6dbec58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 働くしあわせ JINEN-DO All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ