日常にある当たり前の数だけ感謝できることが隠れている

セルフケアで安定就労を実現する就労移行支援事業所
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。

代表理事の石田です。

「日常にある当たり前の数だけ感謝できることが隠れている」

ぼくが好きな言葉の1つですが、忘れないようにノートに記し、時より確認しています。

ぼくは、本当に大切なこと、生きる上で必要不可欠なことって、日常の中にあると思うんです。
例えば、水や空気、食べ物、いわゆるライフラインと呼ばれるもの。これがないとぼくらは生きていけません。
でも、今は汚染が進んで、きれいな水、おいしい空気、安心安全な食は当たり前じゃなくなってきた。

それから、ぼくたちの心や身体。心は感じるまま、身体は動いて当たり前と思いがちですが、実は当たり前じゃない。
メンテナンスを怠れば心も身体も悲鳴を上げ、今まで当たり前と思っていたことが当たり前に楽しめなくなってしまいます。

だから、ぼくは、毎日を楽しむために、心や身体が喜ぶことを大切に過ごすようにしています。

朝、起床したら、「ありがとう。美味しくなぁれ」と念じながら、玄米をといで土鍋で炊きます。
ごはんが炊けるまでの間、「ありがとう。きれいになぁれ」と念じながら、トイレや洗面所を掃除します。
ごはんが炊けたら、緑豊かな公園まで走り、林の中で朝の新鮮な空気を吸い込みながら瞑想、それから神社まで走り、お参りをします。
 ランニングから戻ったら、朝ごはんの前で手を合わせ、「天地(あめつち)のお恵みとこれを作られた方のご愛念に感謝していただきます。

この食べ物が私の身体に入り、自他共に、お役にたちますように。ありがとうございます」と念じ、よく噛んでゆっくり味わって食べるようにしています。

 夜、仕事から帰ると日記帳を前にその日一日を振り返り、出来事から得た学びや幸せに感謝します。
ふとんの上で足を伸ばしてストレッチ、ていねいに身体のマッサージを行ないます。
そして、座禅を組んで瞑想をしているうちに眠気が来るので、そのまま入眠します。

 こんな日常を続けていたら、たいていの疲れは一晩眠れば解消され、感情にふりまわされることが減り、家族やスタッフ、ご利用者様と気持ちよく関われるようになってきました。

それから、一年中、病気に罹りにくくなりました。病院に行くことはもちろん、市販の薬を飲むこともなくなりました。その分、お米や味噌、塩など日常食は少々高くても質の良いものを選ぶようにしています。

実は、こんな風にぼくたち一人ひとりが心や身体を大切に生きるようになれば、国の医療費負担を引き下げ、「安かろう、悪かろう」の大手メーカーではなく安心安全にこだわっている本物の生産者を応援することにつながるので、社会全体が良くなっていくはずなんですよね。

今、世の中全体、物騒な話で溢れていて、どう見ても不健全です。

でも、世の中を嘆き、恨んでも何も良くなりません。「見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい
(Be the change that you want to see in the world)」って、ガンジーさんが言うように、
まずは自分自身が心身ともに健全であること、感謝に溢れた日常を送ることが大事なんだと思います。

だから、日常にある当たり前のことに感謝し、毎日をていねいに生きていこうじゃありませんか!



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hatarakushiawase.blog.fc2.com/tb.php/186-218bceb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 働くしあわせ JINEN-DO All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。