無為自然に生きる

セルフケアで安定就労を実現する就労移行支援事業所
おはようございます。

代表理事の石田です。

JINEN-DOの新年は今年も「仕事始め(初詣&書初め)」のプログラムからスタートしました。

例年通り、お汁粉をふるまったのですが、今年は「サト〇の切り餅」ではなく、
柿生中央商店会仲間の太平屋さんのお餅を使いました。

つきたてのお餅だったので、焼かずにそのまま使え、準備もスムーズ、
そして、何よりおいしかったー!!

1つ屋根の下、みんなで仲良く同じものを食べるから、
なおさらおいしく感じるのかもしれません。

そして、今年も一人ひとり、書にしたためられた新年の抱負について語りました。

ぼくの今年のテーマは「無為自然」。

「無為自然」とは、人の知恵であれこれ考えて策を弄するのではなく、
大いなる自然の摂理である「道=TAO」と息を合わせ、
そこから生き方やあり方を見つめ直しなさい、という老子の教えです。

実は、「働くしあわせJINEN-DO」という事業所名の由来は、
老子の「無為自然」「道=TAO」にあります。

そして、自然の摂理に従うのは、ぼくの生き方、ポリシーだったりします。

そういう意味で「無為自然」という新年の抱負は原点回帰と捉えることもできますが、
どちらかと言えば、これまで積み重ねてきて、ようやく「無為自然」の境地に辿りつける
んじゃないか、今年こそ限りなく「無為自然」の経営、生き方を実践していきたい、
そんな思いを込めて書きました。

そんな思いを書く一方で、ぼくには実現したい夢があります。

明確な目標・計画を立てて努力を続けていれば、
その夢を実現させることができるかもしれません。

でも、明確な目標・計画を立てなくても、目の前のことに誠実ていねいに向き合っていれば、
今できることに心を込めて取り組んでいれば、自然とそこに導かれていくんじゃないか
という気持ちの方が強いのです。

そんな矢先、あらためて「目標をつくらずに今ここを生きよう」と思える出来事がありました。

ある利用者さんがとても調子悪そうにしていました。

その利用者さんは翌日に大事な予定を控えており、行けるかどうか、
また、行ってチカラを発揮できるかどうか不安そうにされていました。

そして当日、体調を崩して行けてないんじゃないか、
はたまた、行った先で体調を崩しているんじゃないか、
とても心配していたのですが、帰りに立ち寄ってくれ、
予定通り行くことができ自分らしく貢献して帰ってこれたことを報告してくれたんです。

その時、その利用者さんの姿、あり方を見て、じーんときて思わず涙が出そうになりました。

そして、「あ~、こういう瞬間こそ、ぼくが望んでいる幸せだよな」って思ったんです。

夢を実現できたから幸せになるわけじゃなく、
目の前のことに誠実ていねいに向き合うこと、
今できることに心を込めて取り組めること、
そのものが幸せなことなんだって心から思える瞬間でした。

もっと言うと、夢に向かって、明確な目標・計画を立てて努力を続けることは、
ぼく自身は幸せだし、夢を実現させたら自分を誇らしく思えるかもしれないけれど、
それはあくまでもぼくのエゴに過ぎない。

だとすれば、無為自然に今ここを生きて、
必要なタイミングで必要な場所に導かれていく方がぼくらしくていいじゃん、
そう思うわけです。

というわけで、今年は限りなく「無為自然」の経営、「無為自然」の生き方を実践してまいります。



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hatarakushiawase.blog.fc2.com/tb.php/202-87b345a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 働くしあわせ JINEN-DO All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ