FC2ブログ

キラパタ体験セミナー潜入レポート

セルフケアで安定就労を実現する就労移行支援事業所
こんにちは。利用者Kです。
今回は、働くしあわせプロジェクトが主催し、川崎市に後援していだいている「キラパタ」の体験セミナーに潜入してきました。そのレポートと合わせ、キラパタとは何か簡単に解説いたします。

キラパタ、初めて耳にする方も多いと思います。
キラパタとはパターン・ランゲージという手法を使い、病気や障がいの
ある方を職場が迎える際に勉強する本のことです。
障がい者雇用に於いて問題になりやすいシーンと、それに対して世の中で実際に行われている良い工夫や秘訣のポイントを法則(パターン)として整理してあります。

DSC00351.jpg


今日、精神障がい者が企業に就職してもなかなか定着出来ないことが問題になっています。
就労定着に必要なキーポイントは3つあります。すなわち「本人のセルフケア力」「現場の受容力」「外部の支援力」の3つです。
この3つのポイントのバランスが崩れていたり、それぞれの力が弱かったりすると、就労定着は難しくなってくるでしょう。
3つで10点を取れていれば就労定着、と考えると分かりやすいかもしれません。

定着支援研修1

そのうちの「現場受容力」を高めるツールとして作用するのがキラパタです。
キラパタの運用によりトラブルの予防や問題の対処が可能になります。
また、現場の同僚や当事者自身だけで使えるツールのため、敷居が低いのが魅力です。

キラパタを知っていただいたところで、まずはセミナーの準備風景をお届けします。

DSC00105s.jpg

DSCF4979s.jpg

DSCF4989s.jpg
設営はJINEN-DOの利用者が行います。力を合わせて。

DSCF5014s.jpg

InkedDSCF5021s_LI.jpg

設営・受付が終わり、セミナー講師北村のイントロダクションが始まります。

DSCF5051s.jpg

DSCF5062s.jpg


続いてワークの様子です。以下の画像は実際のキラパタの1ページを元にしたワークシートです。
キラパタには、こういった就労定着に欠かせないメソッドが16個詰まっています。

図1

これを元に、障がい者を採用し現場に迎え入れた場面にありがちな問題を、テーブルを囲んだ仲間と共有し、意見交換をしながら気づきを得ます。

InkedDSCF5091s_LI.jpg

DSC00139s.jpg

DSC00150s.jpg

InkedDSC00157s_LI.jpg

InkedDSC00116s_LI.jpg


利用者も参加者様もみな真剣に取り組まれていました。

今回は、キラパタについての解説、そしてキラパタ体験セミナーのレポートでした。

K

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hatarakushiawase.blog.fc2.com/tb.php/222-5f76b679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 働くしあわせ JINEN-DO All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ