問題対処と問題解決

セルフケアで安定就労を実現する就労移行支援事業所
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。

尊敬する経営者、ネッツトヨタ南国の横田英毅さんから学んだ「問題対処」と「問題解決」という考え方が好きです。

問題に対処ばかりしても、同じ問題を繰り返すだけで人や組織はそれ以上成長しない。

問題の真の原因をつかみ、抜本的な解決を図ることで人や組織はステージアップしていく。

火事が起きた時に、消化活動を行うのは「問題対処」、火事が起こらない方法を考えて実行していくのが「問題解決」。

前者はすぐ結果が見え、後者は時間がかかり、結果が見えにくいため、多くの人や組織が「問題対処」ばかりしていて「問題解決」に着手しないことが多い。

障害者雇用も同様。

障害のある方の雇用が進まないからといって、法定雇用率を定めて、強制的に雇用を促進していくのは「問題対処」。

毎年、障害者手帳をお持ちの方が5万~6万人就職しており、一見すると結果が出ているように見えるが、毎年約3万5千人が離職している現状を見れば、問題がなくなっていないのは明らかです。

法定雇用率制度も対処療法として必要なことかもしれませんが、ぼくたちは、企業が採用したくなるような人材を育成し、人を活かす風土をもった会社に就職させていくことが抜本的な問題解決と考え、独自の取り組みを行っています。

ネッツトヨタ南国は、競合他社やメーカーの対処療法的な施策に振り回されることなく、社員一人ひとりが問題解決思考をもってコツコツと現場の改善を積み重ねた結果、多くの自動車販売ディーラーが販売不振に陥る中、卓越した業績を上げ続けています。

開業して1年余り。まだ、胸をはれるような成果は出ていませんが、改善の積み重ねの末に花を咲かせることができると信じています。

先月もいろいろな問題が起こりました。

問題が問題なのではなく、私たちがその問題をどう捉え、どのように改善していくかが真の問題です。

本日は月初会議。スタッフ全員で問題の真の原因について話し合い、問題解決を図っていきたいと思います。






スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hatarakushiawase.blog.fc2.com/tb.php/58-51af82fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 働くしあわせ JINEN-DO All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。