楽天に学ぼう!!

セルフケアで安定就労を実現する就労移行支援事業所
こんにちは。

今日は3連休の最終日。

かみさんと次男が出かけているので長男と二人で留守番しています。

さて、昨日は見事、楽天イーグルスが読売ジャイアンツを破り、日本一に輝きました。

24勝0敗で楽天をリーグ優勝に導いた田中将大投手が常勝ジャイアンツと対決するという構図が面白く、ここ数年の中で最も注目を集めた日本シリーズだったのではないでしょうか。

楽天の3勝2敗で迎えた第6戦。先発はマー君。

「マー君がジャイアンツ打線を封じ込んで楽天が日本一になるという筋書きだけは見たくない」と思っていましたが、マー君が160球投げ切るもジャイアンツが意地を見せ、マー君に土をつけて第7戦へもつれこみました。

結果はご存知の通り、楽天が3-0でジャイアンツを下し、優勝するわけですが、驚きなのは、マー君が第6戦で160球投げ切ったにも関わらず、クローザーとして登場し、最後の打者を三振でしめくくったこと。

いやはや、マー君すごすぎ~

楽天ファンならずとも、彼の一球入魂の気迫に魅了され、勇気と感動をもらったのではないでしょうか?

また、楽天ファン、野球ファンならずとも、東北復興の象徴である楽天イーグルスの優勝を心から祝福していると思います。

見せたね~東北の底力を!!

おめでとう!マー君。おめでとう!楽天イーグルス。おめでとう!!東北のみなさん。


さてさて、ぼくは今回のマー君の活躍や楽天の躍進を他人事として見てはいけないと思っています。

 人生にもしもはないですが、ぼくはマー君がもしもジャイアンツや他の球団に入団していたとしたら、彼の潜在能力はここまで花開いていない、彼の素直さと自立した心に加え、弱小チームだった楽天という環境と東日本大震災で被災された方たちを勇気づけようという利他のエネルギーがあいまって彼の潜在能力を開花させたと考えるからです。

 どんなにすごいと言われている人も、悔しさをバネに、逆境を糧に、苦労を力にして、輝かしい今を手に入れています。

 そして、マー君の女房役の嶋基宏選手も言っていましたが「誰かのために闘う人間は強い」のです。

①今がどんなに不遇、逆境にあったとしても、それを誰かのせいにしたり、不運のせいすることなく、素直に受け入れること。

②誰かのために自分の命(天賦の才)を使うこと。

③悔しさをバネに、逆境を糧に、苦労を力に変えるべく、今ここに全力を尽くすこと。

この①~③が自らの潜在能力を引き出し、輝かしい未来を創っていくということ、これらは歴史上の偉人の伝記を研究すれば明らかになる共通の法則です。

ぼくたちの事業所も苦労が絶えませんが、それはぼくたちスタッフが力をつけるために必要なプロセスに過ぎません。

今の境遇を素直に受けとめ、ご利用者さまのためにも今ここに向き合っていきたいと思います。



 
 
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hatarakushiawase.blog.fc2.com/tb.php/80-c53ad3cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 働くしあわせ JINEN-DO All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ